HOME > 消しやすいしわと消しにくいしわの違いとは

消しやすいしわと消しにくいしわの違いとは

「しわ」は老化現象の一つであるため、多くの女性が少しでもしわを減らしたい、消したい、と願っていると思います。 しわの中には、きちんと消えるものもありますが、しかし中には消えてくれないしわも存在します。 では、「消えるしわ」と「消えないしわ」の違いは何なのでしょうか。 それは、しわの「深さ」です。

皮膚は、真皮と表皮、角質などに分けることができますが、「消えるしわ」とは、肌の表面である角質層にできる、比較的浅くて細いものです。 いわゆる「小じわ」がそれに値します。 角質層は一番上にあるので、保湿などのケアをしっかりして、肌のダメージをなくしていけば、小じわは消すことができます。

しかし、真皮層という、肌の深いところにダメージを受けてできてしまった、「本じわ」や「大じわ」と呼ばれるしわは、消すことがとても難しく、見た目もとてもくっきりしています。 それもそのはず、真皮層にまでダメージを受けていると、真皮層が深い分、肌からダメージを取り除くのが難しくなるのです。 肌に少しでもダメージを加えず、しわから肌を守りましょう。