HOME > たるみを簡単セルフチェックしてみましょう

たるみを簡単セルフチェックしてみましょう

たるみのセルフチェック方法があります。 まずは手で実際に自分の肌を触ってみる、というものです。 頬や目尻など、気になる部分を指で押してみます。 すると、肌の内側から肌が跳ね返ってくるような弾力がなければ、たるみがある可能性があります。

また、鏡を自分の顔の上にかざし、下からその鏡を見上げた場合と、鏡を顔の下に置き、上から見下ろして見た場合とで別人のように感じた場合もたるみの危険があります。

また、口角が下がってきた、目の下や額のクマが気になる、体重は増えていないのに二重あごになった、法令線がある、二重が以前に比べてはっきりしなくなった、一重だったのに二重になってきた、頬が下がってきたように感じる、などの中で該当するものがあれば、たるみが起きているかも知れません。

たるみは特に頬やあご、首、目の下、などに目立って起きますが、たるみが起きても諦める必要はありません。 自分に合った方法で少しでもたるみを解消し、アンチエイジングを目指してはいかがですか。