HOME > 人種などによる、肌の違いとは

人種などによる、肌の違いとは

人種や肌質によって、しわやたるみのなりやすさに違いはあるのでしょうか。 まず人種に関してですが、しわやたるみのなりやすさは肌の色によって違います。 その理由は、肌の色のよって、肌質が違うからです。 白人は、黄色人種や黒人といった、他の人種の肌よりもキメが細かく、皮脂が少ないです。 また角質層が厚いです。 しかし、黒人や黄色人種は真皮層が厚く、コラーゲンを比較的多く含んだ肌をしているため、しわやたるみが起きにくい、とされています。

また、肌質によってもなりやすさに違いがあります。 乾燥肌の人はしわが起きやすいです。 肌は水分が少ないと紫外線などのダメージを受けやすく、老化もしやすくなってしまいます。 そのため、乾燥肌の人は比較的しわやたるみが起きやすくなってしまいます。

更に、体格によってもなりやすさに違いがあります。 痩せている人に比べ、太っている人は内側から肌が張っているため、基本的にしわは少ないです。 しかし、加齢によってたるみが生じ、しわが起きてしまうこともあります。 肌にはそれぞれ特徴があります。 スキンケアをする際は、それぞれ自分の肌に合ったケアをするようにしましょう。